MENU

さくらのレンタルサーバ/他社で取得の独自ドメイン設定や無料SSL設定の手順など

さくらのレンタルサーバ

1996年に創業されたさくらインターネットが手掛ける、レンタルサーバーとしては老舗の「さくらのレンタルサーバ」

以前は管理画面が使いにくいという声もありましたが、最近大幅リニューアルして使いやすくなっています。

こちらでは、他社で取得した独自ドメインを「さくらのレンタルサーバ」で設定する手順や無料SSL設定などを、わかりやすいように画像を用いて説明しています。

目次

さくらのレンタルサーバ向けにネームサーバーを変更

独自ドメインを取得したら、ドメイン業者のネームサーバーを「さくらのレンタルサーバ」へ向ける必要があります。

例として、お名前.comとムームードメインでのネームサーバー設定を説明します。

お名前.comのメールサーバーを変更

まず、「お名前.com」のネームサーバー設定方法になります。

管理画面から「ドメイン」⇒「ドメイン機能一覧」を選択

お名前.comのネームサーバー変更1


「ネームサーバーの変更」を選択

お名前.comのネームサーバー変更2


「ネームサーバー」を変更する「ドメイン」にチェック

お名前.comのネームサーバー変更3


「さくらのレンタルサーバ」のネームサーバーは下記になります。

さくらのレンタルサーバ ネームサーバー


下の方にある「2.ネームサーバーの選択」の「その他のサービス」を選び、下記の文字列をネームサーバー1と2の欄にコピペ入力します。

ネームサーバー1 : ns1.dns.ne.jp
ネームサーバー2 : ns2.dns.ne.jp

お名前.com ネームサーバー

最後に「確認」ボタンをクリックすれば終了です。

ムームードメインのメールサーバーを変更

次に、「ムームードメイン」のネームサーバー設定方法になります。

コントロールパネルの「ドメイン操作」⇒「ネームサーバ設定変更」を選択

ムームードメインのネームサーバー変更1


「ドメイン一覧」の中から、該当するドメインの「ネームサーバー設定変更」をクリック

ムームードメインのネームサーバー変更2


「GMOペポパ以外のネームサーバーを使用する」に、「さくらのレンタルサーバ」のネームサーバーを入力します。

ムームードメイン ネームサーバー1


一番下の「ネームサーバー設定変更」をクリックすれば終了です。

ムームードメイン ネームサーバー2

さくらのレンタルサーバに独自ドメインを登録

「ドメイン/SSL」→「ドメイン/SSL」を選択

さくらのレンタルサーバ ドメイン登録1


「ドメイン新規追加」ををクリック

さくらのレンタルサーバ ドメイン登録2


「他社で取得したドメインを移管せずに使う」の画面にある空欄に、「登録したいドメインを入力し「追加」ボタンをクリック

さくらのレンタルサーバ ドメイン登録3

独自ドメインの設定手順について

「ドメイン/SSL」→「ドメイン/SSL」を選択

さくらのレンタルサーバ ドメイン登録1


設定を行う独自ドメインの「設定」をクリック

さくらのレンタルサーバ ドメイン登録4


「ドメインの基本設定」を行います。

さくらのレンタルサーバ ドメイン登録5

①.マルチドメインとして利用する
「さくらのレンタルサーバ」の場合、一番下位プランの「ライト」でも独自ドメインは20個まで登録できる「マルチドメイン設定」になっているので、これはそのままでOKです。


②.wwwが付与されたサブドメインも利用する。
ドメインの前に「www.」を付ける場合は、こちらにチェックを入れます。


③.Web公開フォルダ
登録した独自ドメインを利用して作成したWebサイトのデータは、ここで付けたフォルダー名の中に保存されます。
「.com」や「.net」の前の「セカンドレベルドメイン」の文字列をフォルダー名にするとわかりやすい。
例えば、ドメイン名が「sample.com」の場合、フォルダー名は「sample」とします。


④.SSLの利用
基本的にSSLは利用する必要がありますが、新規ドメイン登録の場合は別途SSL設定を行います。
最初は、そのまま「SSLを利用しない」でOKです。


★HTTPS転送設定

SSL設定が済んだ場合、こちらにチェックを入れます。
但し、自分で「htaccess」ファイルをアップしてリダイレクト設定を行う場合は、チェックを入れる必要はありません。


⑤.www.転送設定
上記のドメイン利用設定で「www.」の付与設定を行った場合、「www.ドメイン名に転送する」を選択した方が良いでしょう。
上記同様、自分で「htaccess」ファイルをアップしてリダイレクト設定を行う場合は、「転送しない」設定でOKです。


◇「メール機能利用時のドメイン設定」

メール機能も利用する場合、「メールの利用範囲」は「全ユーザ」、「SPFレコードの使用」は「利用する」にチェックを入れればOKです。

全て終わったら「保存」をクリックします。

さくらのレンタルサーバ ドメイン登録6

独自ドメインの無料SSL設定手順について

「ドメイン/SSL」→「ドメイン/SSL」を選択

さくらのレンタルサーバ ドメイン登録1


対象ドメインの一番右端「SSL」ボタンをクリック

SSL設定をしている場合は青枠にあるように「SNI SSL、有効期限」が表示されますが、未設定の場合には何も表示されません。

さくらのレンタルサーバ 無料SSL設定1


「登録設定を始める、SSL証明書の種類を選択」ボタンをクリック

下記に表示されている「このプランを申し込む」は無視して下さい。

さくらのレンタルサーバ 無料SSL設定2


「SSL証明書の利用種類を選択」の画面から、通常は無料の「Let’s Encrypt(無料SSL)」を選択します。

「利用する」をクリック

さくらのレンタルサーバ 無料SSL設定3


「無料SSL証明書登録」画面の「利用ポリシー確認」にチェックを入れ、「無料SSLを設定する」をクリック

さくらのレンタルサーバ 無料SSL設定4


設定が終了するまでしばらく時間がかかります。

これで「無料SSL設定」は終了です。

さくらのレンタルサーバ 無料SSL設定5

無料SSL設定の更新エラーについて

「Let’s Encrypt(無料SSL)」は、削除しない限り、一度登録すれば有効期限が来ても自動更新が行われます。

但し、何らかのタイミングでエラーになり更新できないこともあります。


その場合、下記のようなメールが送られてきますので、手動での更新を行う必要があります。

手動更新は簡単にできるので、慌てる必要はありません

さくらのレンタルサーバ 無料SSL設定更新エラー1


「ドメイン/SSL」→「ドメイン/SSL」を選択

さくらのレンタルサーバ ドメイン登録1


対象ドメインの一番右端「SSL」ボタンをクリック

さくらのレンタルサーバ 無料SSL設定更新エラー2


更新エラーの場合、「SSL証明書の設定」画面で下記のような「無料SSLの自動更新に失敗しました。」という赤いラインが表示されます。

一番右端の「更新手続きへ進む」をクリック

さくらのレンタルサーバ 無料SSL設定更新エラー3


「無料SSL証明書登録」画面の「無料SSLの更新」ボタンをクリック

さくらのレンタルサーバ 無料SSL設定更新エラー4


「SSL証明書の設定」から赤いラインが削除され手動での更新が完了します。

さくらのレンタルサーバ 無料SSL設定更新エラー5


ちなみに、SSL設定をしないで「http://ドメイン名」ではなく「https://ドメイン名」を入力すると、下記のような画面が表示されます。

無料SSL ブラウザエラー

まとめ

こちらでは、他社で取得した独自ドメインを「さくらのレンタルサーバ」で設定する手順や無料SSL設定の方法を、画像を用いてわかりやすく説明しています。

また、SSL化に伴う「https」変更や、wwwありなしの統一についての説明はこちらでチェックすることが出来ます。

「さくらのレンタルサーバ」の設定で困っている方の参考になれば幸いです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022 Hiro Egu
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる